みずほ銀行カードローンの審査結果と年齢の関係って?

キャッシングやカードローンは、一般的に、年齢が若い方が審査に通りやすくなっています。
これは、カードローンが主に20代から30代をターゲットにしているからです。
年齢が若い方が所得が低いことが多いのですが、継続して返済していくことを考えると、定年退職が近い年齢の人よりも貸す方としては信頼ができるのです。
また、年齢が若い方が可処分所得が少ないということもメリットです。
自由に使えるお金があれば、それだけ返済に回せる金額も大きくなるからです。
みずほ銀行カードローンでも、やはり年齢が若い方が審査には有利になっています。
しかし、若くなければ借入れができない、というわけではありません。
実際に、50代や60代でもみずほ銀行カードローンを利用している人はたくさんいます。
年齢が若い方が有利ではありますが、収入や勤続年数、他社からの借入れ状況などを総合して結果が出ますので、年齢が高くても融資を受けられる可能性は充分にあります。