保険料の地域格差って?

地域ごとに国民健康保険の保険料には違いがあると言います。
毎月支払うものです。
ですから、同じような生活とか、同じような収入なのに支払う保険料が違うのは変な気がしますよね。
(汗)地域により他よりも安い所、反対に高い所があります。
同じように医療保険などのサービスを受けるのに、地域では、その支払い金額が違うと言うのは不公平ですよね。
このような問題を解決しようと医療保険制度の流れで、国民健康保険の運営をする母体をまとめようとする流れもあります。
(笑顔)何故、保険料が地域ごとで格差を生じているのか!?<1つ目>医療費の支出金額が地域ごとに違うからですね。
その為、地域により病院へ行く人が多いと、そこの医療費の支出金額も大きくなりますよね。
そう言う訳です。
高齢者が多い地域においては、病院にかかる人も多くなってきます。
そう思います。
逆に若い人が多い地域で、健康な人が多く病院にかかる人が少ない所なら、医療費の支出金額を抑えることが出来ます。
沢山、医療費を支払っている市区町村では、保険料をいっぱい集めないと運営することが困難になります。
もう1つの理由について言うと、地方公共団体の財政状況によるものがあります。
医療費を支払う為の財源に、税金をたくさん集めている地域なら財源は潤沢です。
集める税金が少ない場合とか、医療費の支出が多い場合では、予算も少なくなりますよね。
それで財政状況も悪くなります。
(汗)保険料が高い事を嘆くだけではありません。
その地域に住んでいるからには、手続きの基で決められた保険料を支払っていきます。
それが国民健康保険を維持する為にも大切なことだと思います。
保険ライフ評判悪い?写真付き体験暴露中!【私の無料相談体験談】