近年光回線業者が高齢の方の住居にやってきて言葉巧みに契約させる事例が多くなっています

ここ最近、光回線の業者が高齢の方が住むお宅を訪問し、勧誘をかなり強引に迫ったり、判断力の劣った高齢者をうまく言いくるめて契約させるなど、ブロードバンド回線の契約に関わるトラブルが増えています。
こういったことを受けて、総務省から契約から数えて八日以内であれば解約ができる光回線契約に関しクーリングオフ制度を2015年に導入する方針を明確にしました。
今使っている携帯電話の2年縛りの契約が終了したら、次を迷っています。
最近、ワイモバイルを知ってネットで確認しているのですが、下取りキャンペーンというものをしていることを知ることになりました。
金額がかなり気になります。
お金がよければ、下取りに出してもいいと思います。
プロバイダは非常に多くあり、選び方も千差万別です。
でも、現金還元のキャンペーンをやっていたり、数か月タダになったり、毎月の費用が格安と謳うプロバイダに即決するのは奨励できません。
ネット回線を使用する目的は考慮する必要がありますが、どれほどの通信速度か、トラブルはないか、などの点を重視するべきでしょう。
プロバイダにつながらない時に見てみることがあります。
パソコンや機器の設定に問題がないか確認しても、おかしい所がなかった場合には、Idやパスワードに入力ミスが無いかどうか、もう一度、しっかりと調べてみてください。
数字の0とアルファベットのOを打ち間違えるといったように勘違いしやすい文字があるからです。
それでもどうしてもダメだったら、プロバイダに問い合わせてみてください。